【ジェネリックED治療薬】カマグラとカマグラゴールドの違いは?

カマグラとカマグラゴールドの違いは?
カマグラとカマグラゴールドの違いは?

ED治療薬の正規ジェネリックとしてカマグラゴールドを知ってこの記事をご覧になられているかと思います。正式名称はカマグラゴールド(100mg/50mg)で呼ばれており、正式には海外向けの製品がカマグラゴールドと「ゴールド」をつけて流通をしています。ですが、どちらもカマグラと呼ぶ場合もありますが、基本的には同じ製品名と考えて大丈夫です。

カマグラとは?

カマグラとは?

カマグラは、インドのムンバイで製造・販売されているジェネリック医薬品のひとつで、バイアグラと同じ成分で作られているED治療薬です。バイアグラで使われている「シルデナフィル」を使い「バイアグラのコピー版」と言う印象が強い医薬品になります。

カマグラゴールドとは?

カマグラゴールドは、インドで製造されたカマグラと同様の医薬品で「カマグラゴールド」と称することで日本流通用ブランドとして確立させたものになります。カマグラゴールドが販売された事がきっかけで、国内でも一気に知名度が上がりED治療薬に対する垣根が低くなりました。要は、カマグラもカマグラゴールドも中身は同じで流通経路によって名称を変えているだけと言う事になりますね。

カマグラ詳細はこちらでもご案内しています。

スーパーカマグラとは?

カマグラシリーズの中でも、早漏防止の医薬品として販売されています。スーパーカマグラには、ダポキセチンと呼ばれる成分が含まれていて、勃起をして行為に及んでもすぐに射精してしまう男性に最適なED治療薬です。ED治療薬は、血行を促進してペニスへ血液を多く運ぶ事を促しますが、早漏は全く別の原因になるのでカマグラゴールドだけでは対処出来ません。

早漏には色んな原因が考えられますが、中でも年配の男性に多いのが「衰弱性早漏」です。衰弱性早漏は、老化による筋力の衰えによって射精を我慢する機能が低下する症状であり、男性ホルモンの減少によって引き起こされます。男性にとっては絶頂感を感じる前に射精してしまうので、満足感のある行為に至りません。しかも両者にとって満足のいく結果に至らない為、男性としての自信まで喪失してしまいます。

カマグラの注意点

カマグラの注意点

カマグラの飲み方については、注意事項をよく読んだ上で併用してはいけない薬についても把握しておく必要があります。カマグラシリーズは1回で100mgの容量がありますが、日本人の体格を考えた時には50mが妥当であると言われています。この事から、服用する際には錠剤を半分にして使うようにしましょう。

またニトログリセリンなどの硝酸剤や、不整脈の薬であるアンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠は併用禁忌薬として記載されています。これはバイアグラと同じ禁止事項であり、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラが引き継いでいる内容です。

偽物に注意

偽物に注意

ED治療薬は偽物が横行している事が多く、あのバイアグラも決して例外ではありません。この事から、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールドも同じような偽物を使った詐欺被害が考えられる為、ネットショップ等で購入する際には信ぴょう性を確認する事が重要です。最近は減っては来ましたが、海外の怪しいサイトからの購入で偽物をつかまされる人も少なくありません。

英語に自信がない方は個人での輸入ではなく、信頼のおける通販サイトでの購入を心がけるようにしましょう。またカマグラは日本国内において認定されている医薬品ではないので、個人の責任で購入して服用している事を認識しておくことも大切です。

色々なカマグラシリーズ

色々なカマグラシリーズ

カマグラには錠剤の他にも、いろんなタイプのものが存在します。ゼリータイプのKAMAGRA Oral Jellyはそのまま口で吸えるタイプで、水なしでの服用も可能です。舌下錠対応のKAMAGRA Chewableは舌の上でそのまま溶かして噛み砕く事が出来るED治療薬になります。カマグラブランドだけでも、インドでは消費者のニーズを考えて出来るだけ飲みやすいカマグラが作られています。

まとめ

カマグラとカマグラゴールドの違いは、販売経路によって名前を変えているだけである事が理解いただけたのではないでしょうか。また、カマグラゴールド以外にも多種多様なブランドがある事から消費者の状況を考えて作られている事が伺えます。インドのムンバイで製造されているカマグラ。

日本国内においては、未だ認定されていませんがカマグラの効果に助けられている男性も多数います。通販サイトでも一月に数万錠もカマグラゴールドが買われている事から、需要が増えてきている事が伺えますよね。通販サイト上では、実際に「カマグラ・カマグラゴールド」と言う名称で販売され多くのレビューが寄せられています。

中でも「バイアグラで失敗したくないから」と言う理由で、カマグラゴールドを購入するパターンが多いようです。それだけカマグラの知名度が高くなっていると同時に、バイアグラのジェネリック医薬品である事も浸透している事が伺えますよね。ストレス社会の日本において、少子化が進む中で夫婦関係も希薄になっている傾向が強く「おひとりさま」と呼ばれる年配独身者も増えています。

こうした流れを少しでも変える為には、どれだけ良好な夫婦関係が築けるかが大きなポイントとなる事は言うまでもありません。男性から求められた女性は、どんどん美しくなり夫婦間のストレスまでも解消してくれます。仕事も大切ですが妻や家庭を大事にする事で、自分自身がすこやかに生きられる事を実感出来ると言えるかもしれません。これを機にED治療薬への視野も広げてみてはいかがでしょうか。

更新日:2020/03/26

タイトルとURLをコピーしました